題目: 理論統合脳科学の視点からの一考察 -- 基底核と上丘--

 

講演者: 中原裕之(理研・脳総研・理論統合脳科学研究チーム)

 

抄録: 講演では、大脳基底核−上丘回路に関する私どもの研究についてお話したい。中でも、特に、二つの研究を中心に話す。一つは、ドーパミン神経細胞活動と報酬予測誤差の関係に関する研究である。ドーパミン神経細胞活動が報酬予測誤差を表すとき、通常の報酬確率のみならず、以前の報酬試行を勘案した条件付報酬確率に基づいて、報酬予測誤差を表すことができることを示す。この結果は、大脳基底核の学習が内部モデルを利用したモデルベースの学習を取り込むことができることを示唆する。もう一つは、上丘での神経細胞活動のダイナミクスに関する研究である。サッケードに伴う上丘の神経細胞活動のダイナミクスが、いわゆるダイナミック・モーター・エラーを表現するかどうか長年の論争が続いてきた。本研究では、上丘内での神経細胞同士の結合に非常に簡単な結合を仮定することで、そのダイナミックスが得られることを示す。この結果は、この長年の論争に一つの解決をもたらす(のかもしれない)ことを示唆する。