「From neural stem cell to the human neocortex: A potential mechanism to produce the human thick neocortex」

玉巻伸章

熊本大学大学院医学薬学研究部 先端生命医療科学 脳神経科学講座 脳回路構造学 教授

 

 これまでの既成概念を少しの間忘れて語るならば、大脳皮質の形成は、神経上皮の肥厚化と特殊化により形成されたと考えることができる。神経上皮細胞は非常に長く伸びて放射状グリアと呼ばれるようになり、神経細胞は、神経上皮細胞体層と基底膜の間に、生まれた順番に堆積する。

 これまでに、マウス大脳皮質で興奮性神経細胞と抑制性神経細胞がどのように分化してくるかを、ウイルスによる細胞標識を利用して調べてきた。結果、神経幹細胞が分裂して大脳皮質神経細胞が作られることは永くは続かず、多くの場合、中間の分裂能を保持した神経前駆細胞が作られることが明らかとなった。前駆細胞は分裂能を保持しているが、興奮性神経細胞のみを産生したり、抑制性神経細胞を産生したりする。つまり、分裂能を保持しつつ一段階分化の階段を降り、分化の範囲が狭まった細胞が脳実質内に多く存在することを示唆していた。このような分裂能を保持した神経前駆細胞の性質を調べるためには、確認する標識が必要となるが、興奮性神経前駆細胞は、NEX (Math2) bHLH分子を発現している細胞集団に含まれ、抑制性神経細胞は、GABA合成酵素のGAD67陽性細胞の集団に含まれていた。これらの標識分子の発現に伴って細胞運命は規定され、さらに分裂を繰り返す間に細胞運命の範囲が狭められるとする仮説を提唱する。