「線条体投射細胞の閾値下二状態遷移の検証」

北野勝則

立命館大学理工学部情報学科

 

概要:

 近年 in vivo における細胞内記録実験により、膜電位が閾値下において二つの状態間を遷移する現象が異なる領野で報告されている。その中でも線条体投射細胞はこの現象が最初に発見された神経細胞であり、大脳皮質ー線条体投射路の興奮性入力がその起源とされている。これまでの実験は麻酔下で行われていたが、覚醒時に同様の現象が起こりうるかを調べる為、覚醒時に困難な細胞内記録実験に代わり、細胞外記録実験とモデルによるシミュレーションとの相補的研究により覚醒時における閾値下状態遷移を検証した。

 また、同様の現象は大脳皮質でも観測されており、閾値下状態遷移の生成メカニズムに関する、大脳皮質のモデル神経回路を用いた予備的な研究を紹介する。