「視床ー皮質投射と皮質内回路:アセチルコリンによる制御等」

 

  木村文隆 先生 

  大阪大学大学院医学系研究科・未来医療開発専攻・組織再生医学講座神経統合機能分野

 

 大脳皮質は前脳基底部よりACh含有性線維の投射を受けるが、AChが皮質内神経回路をどのように制御しているかの詳細については未だに不明な点が多い。我々はこれまでに、皮質細胞間シナプスがムスカリニック受容体(mACh-R)を介して抑制を受けることを示してきた。今回は視床皮質投射に対するニコチニック受容体(nACh-R)の作用を検討している。マウスのバレル皮質より、視床皮質標本を作製し、視床電気刺激に対する皮質での反応を記録した。nACh-R 作動薬であるnicotineは、4層より記録される単シナプス性のEPSCに対し、シナプス前性の促通作用を示した。視床―皮質シナプス伝達がnicotineにより増強されるとすると、それが皮質内興奮伝播にどのような影響を持つか、特にバレル構造との関連において解析することはAChの作用を、皮質構造、神経回路との関連において把握するために重要と考えられる。そこで、同一の標本を用いて光学的計測法によりnicotine投与の効果を検討した。その結果、nicotineは4層における興奮を増強するだけでなく、浅層、深層においても興奮伝播を強く増強していた。また、4層においては興奮増強に引き続き、バレル構造特異的に抑制効果も引き起こす結果を得た。このことは、nicotineが皮質内で何らかの抑制性の回路を駆動している可能性があるものとして現在検討中である。


 生理研研究会のページ |