視床下部における神経ペプチドの摂食調節ニューロンネットワーク


影山晴秋1、竹ノ谷文子1,2、柴 加奈子1、塩田清二1

1昭和大学医学部第一解剖学教室

2星薬科大学薬学部体育学教室


 視床下部には摂食やエネルギー代謝など生体の恒常性維持に深くかかわる神経核が存在し、多種類の摂食調節物質産生ニューロンが存在することが明らかになってきている。摂食調節は末梢からの満腹・空腹の情報あるいは五感からの情報が視床下部にある摂食抑制系・摂食亢進系ニューロンに伝達され、複雑なニューロンネットワークを通じて統合されることで巧妙に行われている。近年、摂食調節関連ペプチドが視床下部から相次いで発見され、摂食調節機構に関する研究は急速に進展している。我々はこの複雑な摂食調節のニューロンネットワークを明らかにするために、摂食調節ペプチドであるニューロペプチドY、オレキシン、グレリン、ガラニン様ペプチド(GALP)、ニューロペプチドW(NPW)、α-メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)およびメラニン凝集ホルモン(MCH)に注目し、それぞれの分布・局在や神経相関を免疫組織学的手法や分子生物学的手法を用いて、機能形態学的に解析している。摂食調節関連ペプチドは摂食のみならず、睡眠・覚醒、生殖行動を統御している神経核にも存在あるいは投射していることから、摂食調節ペプチドはいろいろな機能を司っていることも明らかになってきた。本講演では、これまでの我々の観察結果に基づいて摂食関連ペプチドのなかで、特に、グレリン、GALPNPWの視床下部における分布・局在とそのニューロンネットワークおよび摂食調節機構について概説する。





略歴

平成 4 年    昭和薬科大学薬学部薬学科卒業

平成 6 年    静岡県立大学大学院薬学研究科薬学専攻博士前期課程修了

平成 9 年    静岡県立大学大学院薬学研究科薬学専攻博士後期課程修了

平成 9 年    博士(薬学)取得


平成9 4 月から平成 10 12

国立健康・栄養研究所 老人健康・栄養部

井上修二 部長(現 桐生大学副学長)

財団法人ヒューマンサイエンス振興財団流動研究員

VMH-破壊ラットの糖代謝のメカニズムと腹部臓器における細胞増殖因子の探索


平成 11 月から 平成 12

国立健康・栄養研究所 老人健康・栄養研究所

井上修二 部長現 桐生大学副学長)

科学技術振興財団 重点研究支援協力員

 VMH-破壊ラットの糖代謝のメカニズムと腹部臓器における細胞増殖因子の探索


平成 12 9月から平成 14 1

Pennington Biomedical Research Center-Louisiana State University

Supervisor, Dr. David A York and Dr. George A Bray 

Laboratory of Dietary and Obesity

Research associate

 遺伝的肥満動物におけるNPYAgRPの味覚変化の研究


平成 14 4 月   昭和大学大学院医学研究科生理系博士課程入学

平成1712月   博士(医学)取得

平成183月   同課程修了

視床下部における神経ペプチドのニューロンネットワークの解明


平成184月   昭和大学医学部第一解剖学教室 助手

平成19年4月   昭和大学医学部第一解剖学教室 助教

現在に至る。