神経解剖懇話会 Neuroanatomy Forum

---------------------------------------------------------------------------------------------------

神経解剖懇話会は解剖学会総会・全国学術集会のサテライト・セミナーです。

解剖学会出席の皆様(あるいはその他の皆様)にどしどし参加していただきたいと存じます。

神経解剖懇話会に対してご意見・ご希望等がありましたら、金子 (kaneko@mbs.med.kyoto-u.ac.jp) までご一報下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第46回神経解剖懇話会 The 46th Neuroanatomy Forum

日時:平成26年3月26日(水)15:00~17:00 (119回日本解剖学会総会、学術集会前日)

会 場:自治医科大学キャンパス、D会場(医学部教育・研究棟 1F)

座長:金子武嗣(京都大学医学研究科高次脳形態学)、黒田優(東邦大学医学部微細形態学)


テーマ:自律神経系の先端研究

早川 徹 先生(兵庫医科大学解剖学講座細胞生物部門)

消化管に分布する迷走神経の投射様式の現状と展望

髙瀨 堅吉 先生(東邦大学医学部解剖学講座微細形態学分野)

オレキシンによるエネルギー代謝調節機構の解明

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第45回神経解剖懇話会 The 45th Neuroanatomy Forum

シンポジウム S10: 神経解剖懇話会シンポジウム「単一ニューロン標識法と神経回路の解析」

日時:平成25年3月28日(木)(118回日本解剖学会総会、学術集会当日)

場所:サンポートホール高松・かがわ国際会議場

座長:樋田一徳(川崎医科大学解剖学)、金子武嗣(京都大学医学研究科高次脳形態学)、黒田優(東邦大学医学部微細形態学)


清蔭 恵美 先生(川崎医科大学 解剖学)

嗅球糸球体:電子顕微鏡連続切片再構築と単一ニューロン標識による構造解析

伊藤 哲文 先生(福井大学医学部 形態機能医科学 人体解剖学・神経科学)

聴覚情報統合の形態学的基盤

倉本 恵梨子 先生(京都大学医学研究科 高次脳形態学)

運動系視床皮質投射の神経回路

本多 祥子 先生(東京女子医科大学医学部 解剖学)

海馬周辺皮質における単一ニューロンの投射様式

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第44回神経解剖懇話会 The 44th Neuroanatomy Forum

日時:平成24年3月26日(月)17:15~19:15 (117回日本解剖学会総会、学術集会当日夕刻より)

場所:山梨大学甲府キャンパス L号館C棟2階 E会場

座長:船戸 弘正 (東邦大・医・微細形態学・准教授)、金子 武嗣 (京都大・医・高次脳形態学・教授)


森 琢磨 先生(生理学研究所・神経分化研究部門)

遺伝子改変狂犬病ウイルスを用いた制限型逆行性越シナプストレース法とその応用


川内 健史 先生(慶應義塾大学医学部解剖学教室・JSTさきがけ)

大脳皮質形成における多段階の神経細胞移動を制御する分子経路

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第43回 神経解剖懇話会 The 43rd Neuroanatomy Forum

シンポジウム: 感覚系神経回路の構造と機能(神経解剖懇話会共催)Structure and function of sensory neural circuits.

日時:平成23年3月28日(月)13:00~15:00 (116回日本解剖学会総会・第88回日本生理学会大会合同大会、学術集会当日)

場所:シンポジウム13;E 会場 4F413

残念ながら、東北大震災の為に不開催となりました。

座長:  村山正宜 (理化学研究所・脳科学総合研究センター)、古田貴寛(京都大・医・高次脳形態学)、榎原智美(明治国際医療大学・医学教育研究センター・解剖学教室)、金子武嗣(京都大・医・高次脳形態学)


Dr. Martin Deschênes(Laval Univ. Canada)

Phase-locking between respiration and whisker motion in rats


Dr. Ehud Ahissar(Weizmann Inst., Israel)

Encoding and recoding of object location in whisking rats


駒井章治 先生(奈良先端科学技術大学院大学)

Dendritic excitability shapes receptive field plasticity in somatosensory cortex


田中康裕 先生(京都大学・医学研究科・高次脳形態学)

Subcolumnar structures in local inputs of pyramidal neurons onto corticothalamic neurons in rat barrel cortex


鳴島円 先生(Institute of Neuroscience, Technical University Munich, Germany/東京女子医科大学 第一生理学講座)

Functional development of direction and orientation selectivity in the mouse visual cortex

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第42回 神経解剖懇話会 The 42nd Neuroanatomy Forum

平成22年3月27日(土)午後4時~6時30分 (115回解剖学会総会・学術集会前日);岩手医科大学循環器センター9階歯学部講義室

座長:  黒田 優 (東邦大・医・微細形態学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


影山 晴秋 先生(昭和大学医学部第1解剖学教室)

視床下部における神経ペプチドの摂食調節ニューロンネットワーク


船戸 弘正 先生(東邦大学医学部解剖学講座微細形態学分野)

オレキシン神経から見た視床下部の行動制御ネットワーク ― 睡眠、肥満、体温、ストレス、報酬行動


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第41回 神経解剖懇話会 The 41st Neuroanatomy ForumS05 神経解剖懇話会シンポジウム「最近の神経回路網解明の進歩」

平成20年3月28日午前9時~11時30分 (114回解剖学会総会・学術集会初日);岡山理科大専門学舎25号館4階第V会場

座長:  黒田 優 (東邦大・医・微細形態学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


S05-1 古田 貴寛 先生(京都大学大学院・医学研究科・高次脳科学講座・高次脳形態学・助教)、共同発表者(Martin Deschenes、金子 武嗣)

三叉神経核群の構造と機能:中間亜核に注目して


S05-2 中村 浩幸 先生(岐阜大学大学院・医学系研究科・神経統御学講座・高次神経形態学・准教授)、共同発表者(白数 正義、高橋 豪、白数 真理、伊藤 和夫)

扁桃体と三叉神経中脳路核:情動感覚連関


S05-3 宮地 重弘 先生(京都大学・霊長類研究所・行動神経研究部門・行動発現分野・准教授) 

ウイルスを用いた多シナプス性神経連絡の解析


S05-4 松田 和郎 先生(滋賀医科大学・解剖学・助教)

中脳黒質ドーパミン細胞の投射様式


S05-5 村上 邦夫 先生(東邦大学・医学部医学科・解剖学講座・生体構造学分野・助教)

神経細胞の変性を選択的に誘導するimmunotoxinは順行性トレーサーとして有効か


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第40回 神経解剖懇話会 The 40th Neuroanatomy Forum(解剖学雑誌第83巻抄録号26頁参照)

平成19年3月26日 (113回解剖学会総会・学術集会前日)午後3時半~6時;大分大学医学部臨床講義棟2F臨床大講義室 (A 会場)

座長:  黒田 優 (東邦大・医・微細形態学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


小林 靖 先生(防衛医科大学校・解剖学講座・教授)

   「帯状回後部から見た記憶の神経機構


本多 祥子 先生(東京女子医科大学医学部・解剖学教室・准講師)

   「前海馬台における皮質間線維連絡の形態学的解析


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第39回 神経解剖懇話会 The 39th Neuroanatomy Forum;神経解剖懇話会シンポジウム「神経解剖学における新しいツールの開発とそ の応用」 (S05 第112回日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム5)

平成19年3月27日 (; 112回解剖学会総会・学術集会初日)、午後1時30分~4時00分;大阪国際会議場(グランキューブ大阪)B 会場

座長:  黒田 優 (東邦大・医・微細形態学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


渡我部 昭哉 先生(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 脳生物学研究部門・助手)

   「in situ hybridization法による大脳皮質ニューロンの分類とその種間、領野間比較


深澤 有吾 先生(自然科学研究機構 生理学研究所 脳形態解析研究部門・助手)

   「Quantitative localization of the plasma membrane molecules by SDS-digested freeze-fracture replica labeling


日置 寛之 先生(京都大学大学院 医学研究科 高次脳形態学分野・助手)

   「神経解剖学におけるウイルスベクターの利用 Viral Vectors in the Field of Neuroanatomy


神野 尚三 先生(九州大学大学院 医学研究院 神経形態学分野・助手)

   「Juxtacellular recordingを利用したsingle cell levelの解析の実際


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第38回 神経解剖懇話会:後部帯状皮質の皮質皮質結合(解剖学雑誌第81巻抄録号19頁参照)

平成18年3月28日(火)午後3時30分~5時30分;北里大学・医学部・M1号館3FM34講義室

座長:  黒田 優 (東邦大・医・微細形態学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


柴田 秀史 先生 (東京農工大学大学院・共生科学技術研究部・動物生命科学部門・獣医解剖学研究室・助教授)

   ラット膨大後皮質の線維連絡


一戸 紀孝 先生 (理化学研究所・脳科学総合研究センター・脳皮質機能構造研究チーム・副チームリーダー)

   後部帯状回にみられる特異的コラム状構造 --辺縁皮質から大脳皮質を学ぶ--


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第37回 神経解剖懇話会(シンポジウムS21 :グルタミン酸受容体についての最近のトピック(解剖学雑誌第80巻抄録号111-112頁参照)

平成17年3月31日(木)午前9時~11時; 富山医科薬科大学・E会場(講義実習棟203号室)

座長:  黒田 優 (東邦大・医・第2解剖学・教授)、金子 武嗣(京都大・医・高次脳形態学・教授)


深谷 昌弘 先生、渡辺 雅彦 先生 (北海道大学大学院・医学研究科・生体構造解析学)

   NMDA受容体のヘテロオリゴメリゼーションとシナプス局在制御


藤山 文乃 先生 (京都大学大学院・医学研究科・高次脳形態学・講師)

   線条体におけるシナプス前性 AMPA レセプターの形態学的解析 Presynaptic Localization of an AMPA-type Glutamate Receptor in Corticostriatal and Thalamostriatal Axon Terminals


*第110回日本解剖学会総会・全国学術集会会頭の大谷修先生のご厚意によりシンポジウム S21 として学会会期中に開催できることになりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

第36回 神経解剖懇話会 The 36th Neuroanatomy Forum

平成16年8月23日(月)正午~2時半; 京都国際会議場 Room C-2

座長:  黒田 優 (東邦大・医・解剖学・教授)


早川 徹 先生 (兵庫医大・解剖学第一講座)Tetsu Hayakawa, Department of Anatomy, Hyogo College of Medicine

   電子顕微鏡で見る神経線維連絡(延髄の上部消化管運動支配神経のシナプス構成) Neural tract tracing study using electron microscopy: synaptic organization of medullary neurons innervating upper alimentary tract.


小田 哲子 先生 (東邦大学・医学部・解剖学第二講座)Satoko Oda, Second Department of Anatomy, Toho University School of Medicine

   上行性コリン作動性システムの辺縁系視床核への投射様式の解析 -超微形態レベルでのシナプス構築を用いて- An ultrastructural study of the ascending cholinergic innervation of the anterior thalamic nuclei.


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第35回 神経解剖懇話会(解剖学雑誌第78巻抄録号22頁参照)

平成15年3月31日(月)午後4時~6時; アクロス福岡 605会議室

座長: 安井 幸彦 先生 (島根医大・解剖学第2講座・教授)


岸 敏郎 先生 (島根医大・精神医学講座)

   Anatomy of central melanocortin and neuropeptide Y systems controlling food intake and body weight.


山本 寛 先生 (滋賀医大・外科学講座)

   A role of central Glucagon-like peptide-1 in regulating sympathetic outflow.


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第34回 神経解剖懇話会(解剖学雑誌第77巻抄録号20頁参照)

平成14年3月28日(木)午後3時~5時; アクトシティ浜松 コングレスセンター4階 E会場


小島 久幸 先生 (理化学研究所・脳科学研究所・上級研究員)

   大脳皮質は聞く耳をもつか?


佐藤 二美 先生 (東京女子医科大学・医学部・解剖学教室・助教授)

   単一中枢神経細胞に終止する興奮性、抑制性シナプスの空間分布 ー細胞内染色と免疫電顕の連続切片を用いたアプローチー


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第33回 神経解剖懇話会(解剖学雑誌第76巻抄録号 xxi 頁参照)

平成13年4月2日(月)午後5時半~8時; 高知医科大学 講義棟 第6講義室


福田 孝一 先生 (九州大・医・解剖学)

   海馬インターニューロンの gap junction


渡邊 雅彦 先生 (北海道大・医・生体構造解析学・教授)

   中枢神経系のグルタミン酸受容体


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第32回 神経解剖懇話会

平成12年3月28日(火)午後6時~8時; パシフィコ横浜

座長: 金子 武嗣 (京都大・医・高次脳形態学)


中野 勝磨 先生 (三重大・医・解剖学第一・教授)

   随意運動の発現・制御に関する脳の神経回路 総括と展望


湯浅 茂樹 先生 (千葉大・医・解剖学第二・教授)

   マウス蝸牛神経背側核の発生過程における顆粒細胞の移動と分化  TAG-1 抗体および抗 β-tubulin 抗体を用いて


---------------------------------------------------------------------------------------------------

第31回 神経解剖懇話会「分子生物学の神経解剖学への応用」

平成11年3月28日(日)午後5時半~8時; 東京医大病院 第1研究教育棟3F 第1講堂

座長: 金子 武嗣 (京都大・医・高次脳形態学)


玉巻 伸章 先生 (福井医科大学・解剖学第一・助教授)

   神経発生に伴って見られる細胞移動:その経路及び到達領域そして移動細胞の形態の観察のための分子生物学的工夫


寺島 俊雄 先生 (神戸大学・医学部・解剖学第一・教授)

   新しい神経回路標識法:組み替えアデノウイルスによる逆行性および順行性標識


---------------------------------------------------------------------------------------------------

世話人: 

金子武嗣(京都大・医・高次脳形態学; kaneko@mbs.med.kyoto-u.ac.jp

黒田 優(東邦大・医・解剖学・機能微細形態学; mk48@med.toho-u.ac.jp

平成13年度に、前世話人の 中野勝磨 先生(三重大・医・解1 当時)と 山田仁三 先生(東京医大・解2)から、金子と黒田が世話人を引き継ぎました。


連絡は主に神経懇話会のメールリストにしたがって差し上げています。

もし メールによる連絡が必要でない方は金子まで御連絡いただければ、届かないように手配致します。

また、このメールリストに適当な先生が漏れていましたり、参加したいとの御希望の方がございましたら、そのようにも 手配いたしますので同じく金子まで御連絡いただ きたいと存じます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

MBS Home